ホームペー  /  すべてeコマースEメールマーケティングワードプレス  / 電子メール マーケティングの未来: 2024 年に注目すべき新たなトレンドとテクノロジー

電子メール マーケティングの未来: 2024 年に注目すべき新たなトレンドとテクノロジー

2024 年の電子メール マーケティング トレンド

電子メール マーケティングは不要になったと思われるかもしれませんが、2023 年に入っても電子メール マーケティングはデジタル マーケティング戦略の重要な部分であり続けます。 新興テクノロジーは 21 世紀の多くの業界に影響を与え、企業が電子メールを使用して消費者とつながる方法も変革しました。 より多くのリードを獲得する

電子メール マーケティングの現状、新たなトレンド、電子メール マーケティングの未来を形作るテクノロジー、およびこれらのトレンドが消費者や企業に与える影響について探ってみましょう。

今日の電子メール マーケティング: トレンド、課題、機会

非常に多くの異なるマーケティング プラットフォームが登場しているため、電子メール マーケティングを無視して、従来のマーケティング担当者が使用していた古いテクノロジーと呼ぶのは簡単です。 ところが、驚くべきことに、 Eメールマーケティング 他のマーケティング チャネルと比較して高い ROI と消費者リーチを実現する効果的かつ手頃なマーケティング戦略です。 

ビジネスオーナーとして、電子メール マーケティングの潜在的な利点を無視するわけにはいきません。 スタートアップ企業であっても、業界をリードする大企業であっても、電子メール マーケティングはすべての企業にとって重要な戦略です。 

Statista によると、4.03 年の世界の電子メール ユーザー数は 2020 億 4.59 万人で、2025 年にはその数は XNUMX 億 XNUMX 千万人に達すると予想されています。これらの統計は、電子メール マーケティングの重要性と、新規消費者をターゲットにして見込み顧客の発掘を増やす機会が重要であることを浮き彫りにしています。

ただし、電子メール マーケティング担当者またはビジネス オーナーとして、自分の声を届けるためには、いくつかの課題に取り組む必要があります。 

まず、Google は多くのメールをスパム フォルダーに移動するため、新しいユーザーをターゲットにしてメールを確実に受信することが困難になります。 

第 2023 に、ユーザーの受信トレイ内で激化する競争に直面しており、乱雑なメールをすべて排除して消費者に他のメールではなくメールを読むように促すのは困難な場合があります。 この問題に取り組むために、特に XNUMX 年には、パーソナライゼーションとダイナミック コンテンツの人気が高まっています。

最後に、メール キャンペーンを作成する際には、モバイルの最適化を重要な考慮事項にする必要があります。 現在、多くの人が携帯電話でメールを読んでいます。 電子メールにレスポンシブなデザイン、最適化された件名とプリヘッダー、および簡潔なメッセージが備わっていないと、購読者を失う危険があります。

見込み客を獲得するための電子メール マーケティングの新たなトレンド

以下は、エンゲージメント、見込み顧客の発掘、販売を促進するために使用できる電子メール マーケティングの新たなトレンドの一部です。

パーソナライズと動的コンテンツ

電子メール マーケティングでは「パーソナライゼーション」というバズワードが長年聞かれてきましたが、2023 年には、その意味がさらに高まっています。 パーソナライズされたエクスペリエンスや電子メールなしで個人を顧客に変えることは、より困難になります。 

顧客リストを調査し、それらをグループに分類し、さまざまなグループを対象としたパーソナライズされた電子メール キャンペーンを作成する必要があります。 電子メールに顧客の名前を含める場合でも、顧客の閲覧履歴に基づいて製品全体を作成する場合でも、顧客との強力な関係を構築するにはパーソナライゼーションが不可欠になっています。 

動的コンテンツまたはハイパーパーソナライゼーションは、パーソナライゼーションを次のレベルに引き上げ、場所やデバイスの種類などのデータに基づいて電子メールのコンテンツをリアルタイムでカスタマイズできるようにします。

インタラクティブな電子メール体験

ユーザーの平均注意持続時間は 8.25 秒 (金魚より短い) であるため、2023 年には、潜在顧客がブランドやメールにもっと関心を持てるように、楽しくてインタラクティブなエクスペリエンスを作成することがより重要になります。 

インタラクティブな電子メール エクスペリエンスの例には、ランディング ページへのリンクをクリックするのではなく電子メール内のコンテンツを操作する購読者が含まれており、ユーザー エクスペリエンスと顧客変換の可能性が向上します。 

さまざまなツールを使用して、楽しいゲーム、複数のショッピング オプション、さらにはソーシャル メディアの投稿などのインタラクティブなコンテンツを電子メール キャンペーンに追加できます。 

人工知能と機械学習

多くの業界では機械学習と人工知能を使用して、 メールを自動化する 対象読者に合わせてメッセージを調整します。 

Anvil Media の CEO である Kent Lewis 氏によると、AI は中小企業が多額の予算を費やすことなく大規模な電子メール キャンペーンを作成し、作成されたすべてのキャンペーンが GDPR などのプライバシー規制に準拠することを保証するのに役立ちます。 

AI を使用すると、次のことに費やす時間を削減できます。 A/B テストと多変量テスト 予測される行動や人口統計に基づいてメールをパーソナライズします。

従来のマーケティング担当者にとって AI の導入は憂慮すべきことかもしれませんが、その必要はありません。 AI は日常的なタスクを引き継ぎ、それらを改善して効率と有効性を確保するために存在します。 

予測分析

将来の出来事を予測することは、ビジネスとその販売戦略にとって非常に重要です。 予測分析は、将来のさまざまなイベントに応じて顧客のニーズや行動を予測するのに役立ち、それらのニーズを効果的にターゲットにするためにマーケティング キャンペーンを変更できます。 

電子メール マーケティングに関しては、予測分析は潜在的な顧客を特定し、そのニーズに応じてマーケティング キャンペーンを企画するのに役立ちます。 読者を顧客に変え、ビジネスの ROI を向上させるのに役立ちます。

クロスチャネル統合

クロスチャネル統合とは、複数のマーケティング チャネルを組み込んで、より一貫性のあるカスタマー ジャーニーを作成することを指します。 さまざまなプラットフォーム間でシームレスなエクスペリエンスを提供するには、クロスチャネル統合がますます重要になっています。 

電子メール キャンペーンをソーシャル メディアまたは SMS マーケティング キャンペーンと統合して、より一貫したブランド エクスペリエンスを提供し、マーケティングの効果を向上させることができます。

音声アシスタントとスマート スピーカー

Echo や Google Home などのスマート スピーカーや、Google や Siri などの音声アシスタントは、人々がデバイスを操作する方法に革命をもたらしました。 

同じ概念を使用して、このようなテクノロジーを使用して、顧客が音声を使用して電子メール キャンペーンを操作できるようにすることができます。 これにより、潜在的な顧客があなたのブランドと交流し、あなたの製品やサービスに慣れることが容易になります。 音声で起動する電子メールは、消費者のエンゲージメントを高め、より多くの見込み客を獲得することができます。 

電子メール マーケティングの未来を形作るテクノロジー

次のテクノロジーは、電子メール マーケティングの未来を形作ることになります。

ブロックチェーンと暗号化メール

ブロックチェーンは、ネットワーク上にデジタル的に分散された分散型の公開台帳であるため、システムのハッキングや記録された情報の変更が困難になります。 電子メール キャンペーンを送信するための安全な分散型プラットフォームを提供することで、電子メール マーケティングに革命を起こすことができます。 

電子メール マーケティングはハッキングに対して脆弱なサーバー上で行われますが、ブロックチェーンを使用することで、企業は電子メール マーケティング キャンペーン中に顧客に追加のセキュリティを提供できるようになります。 

追加されたレイヤーは、 メールセキュリティ ブロックチェーンと暗号化された電子メールを使用すると、ブランド構築や電子メール マーケティング キャンペーンに不可欠な信頼を構築できます。

拡張現実と仮想現実

拡張現実 (AR) を使用すると、インタラクティブな製品デモを 3D で作成できるため、顧客は製品をあらゆる角度から見て、購入するかどうかを決める前に対話できるようになります。 この魅力的で記憶に残るエクスペリエンスは、企業が見込み顧客の獲得と売上を増やすのに役立ちます。 

将来的には、仮想現実 (VR) を使用して顧客を電子メールで仮想イベントに招待し、製品の発売、販売、その他の特典に独占的にアクセスできるようになる可能性があります。 また、ユーザーの好みに応じた製品を備えた仮想ストアを作成することで、パーソナライズされたユーザー エクスペリエンスの作成にも役立ちます。 

5Gテクノロジーとより高速な接続性

将来的には 5G テクノロジーとより高速な接続により、天候の変化や最新のソーシャル メディア トレンドなどのリアルタイムのイベントに応じて電子メールをトリガーできるようになる可能性があります。 たとえば、雨が降り始めた場合、傘やレインコートのマーケティング キャンペーンをトリガーし、すぐに購読者に送信して購入できるようにすることができます。 

5G はより高速な接続を約束しますが、適切な VPN を選択する必要があります。 無料VPNと有料VPN、天気やソーシャルメディアのトレンドなどのイベントに基づいてリアルタイムでトリガーされる電子メールは、ユーザーの閲覧習慣や位置情報を公開する可能性があるため、さらに重要になります。

より高速な接続と 5G テクノロジーにより、帯域幅の制限なしで高品質のビデオ、インタラクティブ グラフィックス、またはマルチメディア コンテンツを送信できるようになります。 

組み込むこともできます ライブチャット 将来的には、マーケティング電子メール キャンペーンで、購読者がキャンペーンや製品に関するサポートをリアルタイムで受けられるようになります。 インスタントカスタマーサポートとは より高いコンバージョン率!

モノのインターネット (IoT) と接続されたデバイス

電子メール マーケティングにおける IoT は、企業が消費者をターゲットにして、将来的に見込み顧客の発掘と売上を増やす方法に革命を起こすことができます。 電子メール マーケティングをより魅力的で没入型なものにすることができます。 

たとえば、フィットネス トラッカーは、個人の活動レベル、フィットネス、その他の指標に関するデータをさまざまな企業に送信できるため、企業は消費者のニーズに応じてキャンペーンを精選できます。 ヘルスケア企業は、このデータを使用して、消費者の食事やビタミン不足をターゲットにしたパーソナライズされた電子メールを作成し、製品を宣伝することができます。

もう XNUMX つの例は、スマート サーモスタットとそれが収集するデータです。 そのデータを使用すると、購読者が自宅にいて仕事で忙しくないときに効果的に電子メールを送信できます。 

新しいトレンドとテクノロジーが電子メール マーケティングに与える影響

新しいトレンドとテクノロジーは電子メール マーケティングに大きな影響を与え、企業が消費者向けにパーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを作成できるように支援しています。 これらのテクノロジーは、消費者とのやり取りの方法を完全に変革し、ブランドの認知度、忠誠心、信頼を高めました。 

たとえば、顧客データを活用し、高度な分析を使用して消費者の好みを判断し、視聴者をセグメント化し、さまざまなグループ向けに電子メールを厳選することができます。 パーソナライズされた件名と製品の推奨事項は消費者の共感を呼び、企業の売上向上に役立ちます。

もう XNUMX つの例は、見込み客を獲得するために関連情報を収集できる予測分析です。 これには、消費者が XNUMX 日に購入する時間、消費者が最も好む製品、および顧客の行動に関するその他の情報が含まれます。 

多くの人は、電子メール マーケティングはもう終わり、昔からの人が使っているとすぐに思い込んでいます。 それどころか、2023 年および将来、企業が電子メール マーケティング キャンペーンを別のレベルに引き上げ、電子メール マーケティングを以前よりも関連性の高いものにすることを可能にするテクノロジーがあります。

まとめ

よりパーソナライゼーションと没入型で的を絞ったエクスペリエンスが電子メール マーケティングの未来であり、企業はブロックチェーン、予測分析、AR と VR、AI などのテクノロジーに投資しています。 これらのテクノロジーを使用すると、顧客にアプローチし、顧客と対話して共鳴し、エンゲージメントを高め、コンバージョン率、見込み顧客の発掘、ビジネス収益を促進することができます。

より多くの訪問者を顧客、見込み客、電子メール購読者に変える ポプチンの美しく、ターゲットを絞ったポップアップと問い合わせフォーム。