ホーム  /  すべてウェブサイト制作ワードプレス  /  Supercharging WordPress: 7 Canons of Optimizing Your Website’s Speed And Performance

Supercharging WordPress:ウェブサイトのスピードとパフォーマンスを最適化する7つの規範

外の世界では、暴力と暴動の中で平和のチャンスを与えようと話していますが、ウェブ上では、ユーザーは常にペースとパフォーマンスにもっと良いチャンスと優先順位を与えようと叫びます。

Webサイトでは、パフォーマンスとスピードが最大の関心事ですが、これはWordPressのWebサイトでも同じです。全世界のウェブサイトの3分の1がWordPressを使用しているため、パフォーマンスの低い、読み込みの遅いWordPressウェブサイトがあまりにも多く存在しています。 

ワードプレス

あなたのWordPressウェブサイトは、パフォーマンスの低下や読み込み速度の低下に悩まされていませんか?このようなパフォーマンスの低下は、観客の足を遠ざけ、ビジネスのコンバージョンを低下させる原因にもなります。

この状況を変えて、あなたのWordPressウェブサイトのパフォーマンスを向上させたいと思いませんか?いや、そのためには ワードプレス開発会社 なくても、以下のような方法でウェブサイトのパフォーマンスを向上させることができます。

責任ある要素の理解

一般的なスピードアップ対策やヒントを説明する前に、まずは非常に基本的なヒントをご紹介します。そう、ウェブサイト全体の完全な監査を実施する必要があるのです。パフォーマンスや読み込み速度の低下の責任ある要因を見つけ出してください。幸いなことに、WordPress 5.5, 最新のWordPressバージョンでは、パフォーマンスに焦点を当てた属性が豊富に用意されています。

ここでは、徹底したウェブサイト監査によって明らかになる、一般的な原因となる要素をご紹介します。

  • Webサイトの構造やナビゲーションデザインが悪いと、Webサイトのパフォーマンスを引き下げてしまいます。 
  • 複雑なデザインでページ数が多すぎると、読み込みページが減ってしまいます。 
  • 最適化されていないプラグインや相互に互換性のないプラグインを含め、多くのプラグインを使用すると、ウェブサイトのパフォーマンスが低下します。 
  • 高速化に最適化されていない粗悪なテーマを使用すると、ウェブサイトのパフォーマンスが低下します。 
  • レスポンシブデザインでないと、モバイルデバイスでアクセスしたときのパフォーマンスが低下します。ウェブユーザーの多くはモバイル端末からウェブサイトにアクセスするため、これは非常に重要なことです。 

さて、ウェブサイトのスピードとパフォーマンスを低下させる一般的な要因のいくつかを指摘しましたが、スピードとパフォーマンスを向上させるためのその他の重要なヒントについて、さらに進めていきましょう。 

WordPressキャッシングプラグインの使用

Webサイトに訪問者が現れると、バックグラウンドのWordPressがすべての要素をまとめなければなりません。このように、Webサイトのダイナミックな特性には、複数のバックエンドタスクが関わっています。一度に多くの訪問者が訪れると、WordPressのウェブサイトのパフォーマンスが低下するのはこのためです。 

この問題に対処するには、キャッシング・プラグインを使用すると非常に効果的です。ページとそのコンテンツをローカルにキャッシュすることで、ウェブサイトを訪問するたびにページビューを生成するプロセス全体を回避することができます。そして、訪問者はすぐにキャッシュされたバージョンを表示することができます。このアプローチは、任意のページのための遅い読み込み速度の範囲を残しません。 

MySQLデータベースやPHPファイルからデータを取得し、HTMLコンテンツに変換するという一連のプロセスを省くことができ、一度開いたウェブページをキャッシュしてユーザーに提供することができるため、次回以降の訪問時に瞬時にロードすることができます。   

There is no dearth of quality caching plugins for WordPress users. Two of the most recommended and acclaimed ones to choose from include WP Rocket (premium) and WP Super Cache (free) plugin. Many website hosting platforms also offer great caching services to make things easier. 

読み込み速度を向上させるためのウェブサイト画像の最適化 

画像やビジュアルコンテンツは、ウェブサイトに華を添え、訪問者の注意を引きつけ、視聴者を惹きつける役割を果たしていることはよく知られています。

イメージ3

最近のユーザーは、長い文章を読む代わりにウェブサイトを閲覧することが多いため、画像や視覚的なコンテンツはウェブサイトの人気を高め、ユーザビリティを確保する上で非常に大きな役割を果たしています。ですから、画像が多くのメモリとスペースを消費するからといって、ウェブサイトから画像を削除することはできません。

しかし、画像を最適化することで、読み込み速度を速くすることは可能です。それも、画像の品質やウェブサイト全体の視覚的な美しさを損なうことなく。初心者向けのウェブサイトでは、モバイルから直接画像を読み込むと、ウェブサイトのパフォーマンスと読み込み速度が低下します。 

オリジナルの画像ファイルはサイズが大きいため、ウェブサイトに多くの訪問者が訪れた場合、帯域やサーバーの容量に過剰な負荷がかかることがありますが、高品質の写真編集ツールを使って画像のサイズを変更し、最適化することで、この問題を回避することができます。これらのツールを使えば、画像ファイルのサイズを簡単に5倍以上に縮小することができます。  

さて、画像フォーマットの選択についても少し触れておきましょう。JPEGは圧縮されているので画像サイズが小さく、PNGは圧縮されていないので画像サイズが大きくなります。色数の多い画像の場合、サイズを抑えるためにはJPEGが理想的なフォーマットです。モノクロや透過画像の場合は、品質を最適化するためにPNGが適しています。 

最適なホスティングサービスを選ぶために 

Now coming to the elephant in the room for website performance optimization. To ensure high-speed loading, the hosting services also play an important role. When you choose shared WordPress hosting services and an economic plan, it is good as long as you have not passed the Indian stage and didn’t become popular. 

イメージ2

1時間に何千ものアクセスがあるようになると、最適な読み込み速度とパフォーマンスを維持するためには、このようなホスティングプランで提供される帯域幅では不十分になる可能性が高くなります。 

Webサイトからのコンバージョンやトラフィックの安定的な増加を真剣に考えているのであれば、高品質のWordPressホスティングサービスを使用し、スケーラブルなホスティングプランで、トラフィックが急激に増加してもパフォーマンスが低下しないようにする必要があります。 

最適なロードスピードとパフォーマンスを維持するためには、常にダイナミックなクラウドホスティングプラットフォームを選択することができます。SiteGroundは、クラウドホスティングプランに適しています。 

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)の利用

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)は、ウェブサイトにアクセスする特定のユーザーの所在地に最も近いサーバーからコンテンツを配信するのに役立ちます。そのため、サーバーやユーザーの所在地に関わらず、ウェブサイトのコンテンツは常に最適な読み込み速度を保つことができます。 

CDNは、画像、スタイルシート、JavaScriptを含むすべての静的なWebサイトファイルを保存し、ユーザーがWebサイトを開いたときに、それらを素早く読み込む。CDNサービスは、これらの静的ファイルを保存するために、ウェブサイトのコンテンツを地球上のさまざまな場所にある複数のサーバーに分散させ、場所を問わずユーザーがウェブサイトを瞬時に読み込むことができるようにします。 

ピンバックやトラックバックの代わりにGoogleウェブマスターを使う

あなたのウェブサイトに新しいリンクが張られると、デフォルトでPingbacksとTrackback機能によりアラートが送信され、多くのサーバーリソースを消費します。これらの機能は、サーバーのリソースを消費し、ウェブサイトのパフォーマンスを低下させる原因となるため、無効にする必要があります。 

グーグル-ウェブマスター-ツール

また、Googleウェブマスターツールを使って、ウェブサイトのリンクを確認することもできます。WordPressのパフォーマンスを向上させるためには、このようなわずかな改善であっても見逃すべきではありません。 

クリーンなデータベースの維持 

Webサイトが古くなると、不要なデータや無関係なデータが大量に蓄積されます。そして、コンテンツの改善に追われている間に、サーバーのリソースを大量に消費します。ウェブサイトの高速化を図る際には、この無関係なコンテンツの読み込みにも注意を払う必要があります。 

データベースをクリーニングすることで、不要なウェブサイトデータを取り除くことができます。Webサイトのパフォーマンス問題を簡単に解決するこの方法は、たまに行うことができます。予定していたコンテンツの未使用のドラフトを公開したり、スパムコンテンツを削除したり、データベース内の未使用の画像を削除したりと、すべてが不要な負荷を取り除くのに有効です。 

結論

WordPressは、ウェブ開発において無駄のないモジュール式のアプローチで人気があります。これらのヒントに従うことで、この堅牢なプラットフォームの可能性をさらに最大限に活用することができます。さらに、Webサイトのスピードとパフォーマンスにも妥協しないことができます。 

Author Bio: Yakshit Bose is the Senior Developer at leading custom WordPress development services company CMARIX Technolabs Pvt. Ltd. He is an experienced WordPress developer. He likes to share his thoughts on web development, CMS development, and technology News.